ベビーシッター・ギン!主演大野拓朗が女装で登場するNHKBSドラマ。

photo by NHK(https://www4.nhk.or.jp/P5822/)

ベビーシッター・ギン!」というテレビドラマが始まります。大野拓朗が主人公の「下落合ギン」を演じ、その妹「下落合美々子」役にゆりやんレトリィバァ、その他レギュラーキャストとして「上大岡八千代」役の高橋ひとみ、「中津川龍之介」役の竜雷太が登場します。

NHKBSプレミアムで令和元(2019)年6月30日よりオンエアー。毎週日曜日夜10時から、全10回にわたり放送予定です。

スポンサーリンク

「ベビーシッター・ギン!」の原作

「ベビーシッター・ギン!」は、大和和紀やまとわき作の少女漫画が原作です。

大和和紀は、昭和23(1948)年3月13日生まれで御年71歳、北海道は札幌市出身で高校生の時より漫画を描き始め、地元の短大を卒業後上京して大成した女性漫画家です。

代表作的な「はいからさんが通る」をはじめとして、「ヨコハマ物語」、「N.Y.小町」、「あさきゆめみし」など、多くの作品が存在します。

「ベビーシッター・ギン!」のあらすじ

動画配信のお試しキャンペーン!


スポンサーリンク

「ベビーシッター・ギン!」は、平成9(1997)年から平成19(2007)年まで、講談社発行の「Kiss」という漫画雑誌に全36話連載された漫画です。

英国風淑女の衣装を身に纏う男性ベビーシッターが、家庭に巻き起こる様々な子育ての問題を解決していくストーリーですが、その男性ベビーシッターというのが、ナニーのギンさんです。

ちなみにナニーとは、主に英国で母親に代わって子育てをする女性のことです。ナニーは、子どもたちと一緒に子ども部屋で寝起きをし、子供たちの身の回りの世話をしたり、しつけや作法を指導する格式高い教育係のことです。

「ベビーシッター・ギン!」の主人公はなぜ女装?

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!



ベビーシッターのギンである下落合ギンは、本名を下落合銀之助という日本男児です。なぜ女装してまでベビーシッターを生業なりわいとしているのでしょうか。

銀之助は下落合財閥の御曹司です。それで父親が英国人のメアリー・マーリンを呼んで教育係とし、立派な跡取り息子に育てようとします。母親を亡くして閉ざしていた銀之助の心は、ナニーであるメアリーによってその壁が取り去られます。

やがて18歳になった銀之助は、英国オックスフォード大学に留学します。そこでかつて世話になったメアリーの自宅を訪ねてみましたが、メアリーは3年前に亡くなっていました。

その時メアリーの妹から、思いもよらぬ話を聞かされます。メアリーは実は男性だったのです。

ある屋敷の執事として勤めていたのだけれど、その奥様がなくなってしまい、残された子どもを育てるためにナニーになったのですが、その時男性の姿のままでは仕事がやりにくかったので、女装することにしたのがはじまりだったのです。

さらに生前メアリーは、銀之助のことを話題にし、あの子は何にでもなれる素晴らしく優秀な子だと褒めたたえていたことをメアリーの妹から教えられます。

それに大きく感銘を受けた銀之助は、メアリーのようなナニーになることを決意して、帰国後「下落合ポピンズ倶楽部」を英国ナニー協会認定の下で設立します。

そしてそこに所属するベビーシッターとして、かつてのメアリーのように女装したギンとなって活躍するのです。

「ベビーシッター・ギン!」主演の大野拓朗の女装



大野拓朗。昭和63(1988)年11月14日生まれ。現在30歳。身長184㎝というスリムな体に甘いマスクという風貌は、立教大学在学中に、「ミスター立教」に選出されたほどのイケメンです。

最近では平成28(2016)年度上半期放送の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、平成29(2017)年度下半期放送の同「わろてんか」、そして平成30(2018)年放送の大河ドラマ「西郷どん」と続けざまにNHKの主要ドラマに出演していて、今回で4年連続となります。

そんなNHKお気に入りの大野拓朗が、そのイケメンぶりを見事に生かして、華麗なまでの女装姿を思う存分披露してくれるのかと、妙にワクワクしてきます。

おわりに



このドラマは、全てを原作の漫画通りに忠実に再現している訳ではなく、例えば高橋ひとみの演じる上大岡八千代や、竜雷太が演じる中津川龍之介というキャラクターは原作には登場しない、テレビドラマオリジナルの登場人物であり、脚色してあります。

しかし実写のドラマでは実写のドラマでこそできる、あるいは実写のドラマでしかできない物語の展開というものも、きっとあるでしょう。

NHKBSプレミアムドラマ「ベビーシッター・ギン!」は、歌あり、踊りあり、笑いあり、涙ありの、和製メリーポピンズ的なミュージカル仕立ての壮大な作品ということで、きっとこの時期の話題になるはずです。

スポンサーリンク